NEWS

  • OpusBoosterにLINEアカウント連携が新登場

    IT専門家を雇うことなく音楽ビジネスをオンライン化できる「OpusBooster(オーパスブースター)」、「LINEアカウント連携」が3月24日(木)に可能に

    ―集客や会員制サイトの登録・ログインがより円滑に―

    音楽活動の新しい形を提案するOffice Lacroix(オフィスラクロワ)合同会社(所在地:東京都国立市、社長兼CEO:天野 翔)は、音楽講師や演奏家、アーティストなどの音楽家がIT専門家を雇うことなく音楽ビジネスをオンライン化できる集客自動化&会員制サイト構築システム「OpusBooster(オーパスブースター)」に、生徒やファンなどの顧客がLINEアカウントで会員登録や会員制サイトへのログインが可能になる「LINEアカウント連携」を、2022年3月24日(木)に追加いたします。

    <OpusBooster>

    OpusBoosterにLINEアカウント連携が新登場

    OpusBoosterにLINEアカウント連携が新登場

     

    「OpusBooster LINEアカウント連携」追加の背景

    ■当社は、音楽教室やフリーランスの音楽家など、すべての音楽を愛する方の売上の最大化と、業務の効率化を目的として、最新のインターネット・マーケティング・システム「OpusBooster」の無料トライアル版を2022年3月1日より提供しておりました。

    「OpusBooster」を使うことで、音楽講師や音楽教室経営者、フリーランス音楽家、シンガーソングライターやボカロPなどの音楽家が、手軽に音楽ビジネスをオンライン化し、インターネットを使った集客やセールスの自動化・効率化が可能となり、売上を最大化させることができると好評をいただいております。

    しかし、これまではオンライン講座やファンクラブなどのサービスを提供する際に、顧客にメールアドレスとパスワードを入力していただく必要があり、ログイン時の手間やパスワード紛失などが問題となっておりました。

     

    ■LINEアカウント連携で問題解決
    この度、当社では「OpusBooster」に「LINEアカウント連携」を追加することで、顧客情報入力やログインプロセスの簡便化を図りました。

    OpusBoosterで構築できる音楽ビジネスの仕組み

    OpusBoosterで構築できる音楽ビジネスの仕組み

     

    「OpusBooster LINEアカウント連携」の3つの特徴

    1) LINEアカウントで会員登録が可能

    顧客はメールアドレスや名前の入力に代わり、LINEアカウントの認証で手順を簡略化して、OpusBoosterで作成した登録フォームや会員制サイトに登録することが出来ます。登録の際、LINEアカウントに登録済みの名前やメールアドレスがシステムに取り込まれます。会員制サイトへの登録が簡単になるため、登録率アップが期待できるうえに、正確なメールアドレスの取得が可能になります。

     

    2) 「OpusBooster」で構築した会員制サイトへLINEアカウントでログイン

    顧客は、「OpusBooster」で構築した会員制サイトへログインする際に、LINEアカウントを利用してログインできます。ログインの際にLINEアカウントでユーザーを特定できますので、顧客はIDとパスワードの入力が不要になります。

     

    ・会員のログイン方法は2通り

    A) ログインページからワンボタンでログイン
    顧客は、IDとパスワードを入力することなく、「OpusBooster」で構築した会員制サイトにログインできます。

    B) LINEアプリを起動しトーク画面からログイン
    友だち追加されたLINE公式アカウントのリッチメニューにあるログインボタンから、ワンタップで 「OpusBooster」で構築した会員制サイトにログインできます。

     

    3) 既存会員にLINEアカウント連携や友だち追加を促すアラート機能

    LINEアカウント連携を導入する前に「OpusBooster」で構築した会員制サイトの会員になっている顧客には、会員制サイト内でLINEアカウント連携や友だち追加を促すことができます。この機能は、LINEアカウント連携設定を行うだけで、「OpusBooster」で構築した会員制サイトのアカウント情報ページに友だち追加ボタンが自動的に表示されます。

     

    「OpusBooster LINEアカウント連携」の利用シーン

    ■音楽教室の資料請求

    LINEアカウント連携することにより、音楽教室に興味を持った方がOpusBoosterで構築した資料請求フォームにメールアドレスを入力することなく、「LINEアカウントで登録」ボタンをタップするだけで資料の請求が可能となります。

    同時にLINE公式アカウントへの友だち追加や、会員制サイトへのアカウント登録もできるため、資料請求後のフォローアップや体験レッスンの申し込み、教室への入会を促すことが可能です。

     

    ■アーティストのファンクラブ入会・ログイン

    LINEアカウント連携することにより、アーティストのウェブサイトに「LINEアカウントで登録」ボタンを設置することができ、アーティストに興味を持った方がメールアドレスを入力することなくファンクラブに入会することが可能となります。

    同時にLINE公式アカウントへの友だち追加もできるため、タイムラインでのコンテンツ提供や、リッチメニューからファンクラブサイトにワンタップでログインすることができます。

     

    「OpusBooster(オーパスブースター)」サービス概要

    ■価格

    エコノミー版:月額9,800円(税込)

    ライト版  :月額29,800円(税込)

    ■販売方法

    OpusBoosterオフィシャルウェブサイトで販売

    OpusBoosterプラン一覧

    OpusBoosterプラン一覧

    Office Lacroix合同会社について

    ■Office Lacroix合同会社は、社長兼CEOである天野翔が作詞、作曲、編曲、プロデュース、ヴォーカルを担当するロックオペラバンドLacroix Despheres(ラクロワ・デスフェール)の音楽レーベルとして発足、2012年8月に法人化し、制作部門、教育部門、イノベーション部門の3本柱で、新しい音楽活動のあり方を提案してきました。

    音楽制作部門では、昭和の時代から続くアニメシリーズや映画、ドラマ、企業CMなどの音楽制作を多数担当。ロックオペラバンドLacroix Despheresでは、ロンドン2Days公演(約1,500人動員)、ブルガリア国立放送交響楽団とのレコーディングなど世界的な活動をする他、全国植樹祭でのオーケストラ共演(御前演奏)などを行ってきました。

    教育部門では、これまで700人以上の演奏家や音楽講師、音楽教室経営者、アーティスト、音大生などに、音楽技術や知識・経験をビジネスとして成長させる方法を指導。音楽家コミュニティ「アートレプレナー・スタートアップ・アカデミー」では、理想の音楽人生を歩めるようになった音楽家が続出しています。

    ■ミッション
    Office Lacroix合同会社のミッションは、音楽の持つ力を私たちの世界観で最大限に表現し、様々な違いを超えて人々を繋いだり、人生をより楽しみ、生まれてこれて良かったと思う人を増やすことです。

    そのために、先人が作った伝統を重んじつつ、私たちが考えるオリジナルの新しい音楽を、時代に即して制限なく自由に表現することで生み出していきます。

    そして、私たちと同じように「音楽の持つ力を最大限に自分の世界観で表現する」ことを楽しむ人を増やしていきます。

    ■ビジョン
    Office Lacroix合同会社のビジョンは、音楽の持つ力により、様々な違いを超えて人々が繋がり、多くの人が音楽の普遍的な価値を実感していて、音楽そのものや、「音楽の持つ力を自分の世界観で最大限に表現する」ことを楽しみ、音楽と共に人生を謳歌している社会を実現することです。

     

    会社概要

    本社  : 〒186-0011 東京都国立市谷保7-31-2

    代表者 : 社長兼CEO 天野 翔

    設立  : 2012年8月6日

    URL   : http://officelacroix.com

    事業内容:

    1. 音楽・映像コンテンツの企画、制作、権利取得並びに利用
    2. 音楽・映像パッケージの企画、製造、販売並びに小売業務
    3. インターネット上のデジタルコンテンツ(ウェブサイト、ホームページ、広告等)の企画、開発及び販売
    4. ライヴ・イベント・セミナーの企画、制作、運営
    5. 無体財産権(著作権、著作隣接権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等)の取得、使用許諾、売買、管理及び利用の開発
    6. アーティスト・タレントのマネジメント業務及び発掘、開発、育成事業
    7. 音楽スタジオの運営及び音楽教育事業
    8. ファンクラブの運営及びアーティストグッズの企画、制作、販売
    9. グラフィックデザインの企画、制作及び写植版下業務
    10. 前各号に附帯または関連する一切の事業

     

    お客様からのお問い合わせ先

    OpusBooster運営事務局
    e-mail: support@opusbooster.com

     

  • コロナ禍にあえぐ音楽家を応援!毎月最大40%の紹介料が
    得られる「OpusBooster(オーパスブースター)
    友達紹介キャンペーン」を開始
    <3月30日までにユーザー登録をされた音楽家を対象>

    OpusBoosterで構築できる音楽ビジネスの仕組みについて解説する
    無料ウェブセミナーを3月9日(水)から5日間(予定)にて開催

    音楽活動の新しい形を提案するOffice Lacroix(オフィスラクロワ)合同会社(所在地:東京都国立市、社長兼CEO:天野 翔)は、コロナ禍で売上が減少している音楽家の収入の柱を増やすために、2022年3月30日(水)までにユーザー登録された音楽家を対象として、毎月最大40%の紹介料が得られる「OpusBooster(オーパスブースター)友達紹介キャンペーン」を開始いたします。

    <OpusBooster>
    https://opusbooster.com/

     

    【「OpusBooster(オーパスブースター)友達紹介キャンペーン」開始の背景】

    ■当社は、音楽教室やフリーランスの音楽家など、音楽を愛するすべての方の売上の最大化と、業務の効率化を目的として、音楽ビジネスに特化した集客自動化&会員制サイト構築システム「OpusBooster(オーパスブースター)」の無料トライアル版を2022年3月1日より提供しておりました。

    「OpusBooster」を使うことで、音楽講師や音楽教室経営者、フリーランスの演奏家、シンガーソングライターやボカロPなどの音楽家が、手軽に音楽ビジネスをオンライン化し、インターネットを使った集客やセールスの自動化・効率化が可能となり、売上を最大化させることができると好評をいただいております。

    しかし、依然として新型コロナウイルス感染症拡大による影響は大きく、音楽家が活躍できる現場の縮小や、それによる売り上げの減少が問題となっております。

    ■最大40%の紹介料を音楽家の新たな収入の柱に

    そこで当社では、コロナ禍にあえぐ音楽家に新たな収入の柱を構築していただくことを目的とし、「OpusBooster」ユーザーである音楽家に毎月最大40%の紹介料をお支払いする「OpusBooster(オーパスブースター)友達紹介キャンペーン」を開始いたします。

    OpusBoosterで構築できる音楽ビジネスの仕組み

    【OpusBooster(オーパスブースター)友達紹介キャンペーンの概要】

    ■紹介元となる対象

    3月30日(水)までに「OpusBooster」エコノミー版以上に登録したユーザー

    ■参加方法

    「OpusBooster」ユーザーサポートサイトの「紹介制度」タブ内にある「参加はこちら」ボタンをクリック

    ■内容

    14日間の「OpusBooster」無料トライアルをご紹介いただき、紹介された人が「OpusBooster」の有料メンバーシップを継続する度に、毎月最大40%の紹介料を得ることができます。

    「OpusBooster」エコノミー版(月額9,800円)とライト版(月額29,800円)の両方とも紹介キャンペーンの対象となります。

    「OpusBooster(オーパスブースター)友達紹介キャンペーン」は20%の紹介料から開始となり、40人のアクティブな「OpusBooster」ユーザーを30日間維持すると紹介料は40%に増加します。

     

    【「OpusBooster(オーパスブースター)」の利用シーン】

    ■音楽教室

    資料請求や体験レッスンなどの申し込みフォームを作成し、見込み客にステップメールで教室の情報などを発信して入会を促すことができます。クレジットカード決済フォームの作成もでき、月謝を継続課金で自動的に受け取ることが可能です。また、生徒のみが閲覧可能な生徒専用サイトを構築することで、レッスンや発表会などの連絡事項や、出欠確認フォームを設置するなど、幅広くご活用いただけます。

    ■動画で学べる音楽レッスンサイト

    集客用の無料レッスン動画と、有料会員のみが閲覧可能な有料レッスン動画を混在させた、動画で学べる音楽レッスンサイトの構築が可能です。タイムテーブル機能を使うことで、毎週特定曜日の特定時間のみ閲覧可能なレッスン動画を提供することもできます。これにより、無料会員は閲覧できる時間に制限があるものの、有料会員になることでいつでも見放題という差別化を図ることも可能です。

    ■アーティストビジネス

    「無料プレゼントでメールアドレス取得→音源販売→チケット販売→グッズ販売→月額制ファンクラブ入会」のようなアーティストファネル全体を構築できます。各ファネルステップの間でステップメールを送信し、アーティストの想いや理念、ストーリーを伝えることで、よりファン化を深めて購入を促すことが可能です。また、紹介キャンペーン機能を使うことで、既存のファンが新たなファンを呼ぶ好循環を作ることもできます。

    ■演奏家

    演奏家にとって、これまで参加した作品を紹介するポートフォリオは重要です。しかし、作品によってはパブリックなオフィシャルウェブサイトに情報を載せられないケースもあります。OpusBoosterを利用することで、ポートフォリオ請求のあったクライアントだけが閲覧できる非公開のポートフォリオサイトを構築することが可能です。また、ステップメール機能を使い、情報発信やフォローアップを行うことで、クライアントとの関係性を深め、演奏依頼やリピート化を促すことができます。

    【「OpusBooster(オーパスブースター)」サービス概要】

    ■価格(詳細は添付画像参照)

    エコノミー版:月額9,800円(税込)

    ライト版  :月額29,800円(税込)

    ■販売方法

    OpusBoosterオフィシャルウェブサイトで販売

    OpusBoosterプラン一覧

    【無料ウェブセミナーを開催中】

    OpusBoosterで構築できる音楽ビジネスの仕組みについて解説する無料ウェブセミナーを開催しています。

    ■開催日

    2022年3月9日(水)から5日間(予定)

    ■開催時刻

    第一部:14時~16時

    第二部:20時~22時

    ※どちらも同じ内容です。

    <無料登録ページ>

    https://bit.ly/3M7ajP7

     

    【Office Lacroix合同会社について】

    ■Office Lacroix合同会社は、社長兼CEOである天野 翔が作詞、作曲、編曲、プロデュース、ヴォーカルを担当するロックオペラバンドLacroix Despheres(ラクロワ・デスフェール)の音楽レーベルとして発足、2012年8月に法人化し、制作部門、教育部門、イノベーション部門の3本柱で、新しい音楽活動のあり方を提案してきました。

    音楽制作部門では、昭和の時代から続くアニメシリーズや映画、ドラマ、企業CMなどの音楽制作を多数担当。ロックオペラバンドLacroix Despheresでは、ロンドン2Days公演(約1,500人動員)、ブルガリア国立放送交響楽団とのレコーディングなど世界的な活動をする他、全国植樹祭でのオーケストラ共演(御前演奏)などを行ってきました。

    教育部門では、これまで700人以上の演奏家や音楽講師、音楽教室経営者、アーティスト、音大生などに、音楽技術や知識・経験をビジネスとして成長させる方法を指導。音楽家コミュニティ「アートレプレナー・スタートアップ・アカデミー」では、理想の音楽人生を歩めるようになった音楽家が続出しています。

    ■ミッション

    Office Lacroix合同会社のミッションは、音楽の持つ力を私たちの世界観で最大限に表現し、様々な違いを超えて人々を繋いだり、人生をより楽しみ、生まれてこれて良かったと思う人を増やすことです。

    そのために、先人が作った伝統を重んじつつ、私たちが考えるオリジナルの新しい音楽を、時代に即して制限なく自由に表現することで生み出していきます。

    そして、私たちと同じように「音楽の持つ力を最大限に自分の世界観で表現する」ことを楽しむ人を増やしていきます。

    ■ビジョン

    Office Lacroix合同会社のビジョンは、音楽の持つ力により、様々な違いを超えて人々が繋がり、多くの人が音楽の普遍的な価値を実感していて、音楽そのものや、「音楽の持つ力を自分の世界観で最大限に表現する」ことを楽しみ、音楽と共に人生を謳歌している社会を実現することです。

  • 音楽教室やフリーランスの音楽家など音楽を愛する全ての方向け
    売上の最大化と業務の効率化が可能に

    音楽活動の新しい形を提案するOffice Lacroix(オフィスラクロワ)合同会社(所在地:東京都国立市、社長兼CEO:天野 翔)は、音楽家のオンラインビジネス参入を円滑にする集客自動化&会員制サイト構築システム「OpusBooster(オーパスブースター)」の無料トライアル版を、2022年3月1日(火)10時に公開いたします。

    <OpusBooster>
    https://opusbooster.com/

    背景

    ■新型コロナウイルスの流行によって、私たちの生活は一変しました。密閉、密集、密接の、いわゆる「3密」は避けることが新しい常識になり、今までとは人々の価値観や生活が大きく変わってきています。

    それは、私たち音楽家のビジネスも例外ではありません。事実、一部の音楽教室やスタジオは、以前のような活動を再開できていないという現実があります。

    また、人々が3密となる空間を避けるようになった今、従来通りのやり方だけでは、やがて時代に取り残されてしまうでしょう。

    だからこそ、これからの時代、音楽家にとって自動化とオンライン化は必須となります。

    しかし一方で、「音楽教室をオンライン化したいけれど、何をどうやれば良いか分からない…」、「ライブ演奏メインだったので、オンライン化は無理だと思う。できる気がしない…」と考えている音楽家の方が多数います。

    実際、知識ゼロの状態からオンライン化を成功させることは、簡単ではありません。多くの音楽家たちが、音楽ビジネスのオンライン化を目指すものの、挫折してしまいます。

     

    ■なぜ、多くの音楽家がオンライン化に失敗するのか?

    1)自動化のオンライン化の具体的な方法が分からない

    自動化やオンライン化を実行するには、具体的な方法や手順が重要になります。しかし、多くの音楽家の方は、自分の音楽ビジネスのどの部分で自動化や効率化、オンライン化ができるかを把握しておらず、その具体的な方法も分かっていないので、いつまでも自動化とオンライン化が実現しないのです。

     

    2)独学でやってしまう

    ビジネスで独学は命取りです。なぜなら、独学は時間も資金も無駄にしてしまうからです。独学は、必要なツールや知識についてゼロから自分で仕入れる必要がある他、万が一間違った方法を取ってしまった場合も、誰も訂正してくれません。そして結局、時間とお金を無駄にしてしまう…というケースが後を絶ちません。

     

    3)ウェブを使ったマーケティングを理解していない

    オンライン化を成功させるためには、マーケティングの知識が不可欠です。ウェブを使ったマーケティングの全体像と、具体的に何をやるのかが理解できていなければ、結局オンライン上に商品を作っただけで、誰にも販売できない…つまり、時間と労力をかけたが無駄になった…という結果になりかねません。そのため、オンライン化の成功にはマーケティングの知識が求められるのです。

    このように、自動化とオンライン化は正しい方法で行わないと、結局失敗してしまいます。

     

    ■正しい自動化とオンライン化は音楽ビジネス専用システム「OpusBooster」にお任せ

    そこで当社では、音楽教室やフリーランスの音楽家など、すべての音楽を愛する方の売上の最大化と、業務の効率化を目的として、最新のインターネット・マーケティング・システム「OpusBooster」の提供を開始いたします。「OpusBooster」を使うことで、インターネットを使った集客やセールスの自動化・効率化が可能となり、売上を最大化させることができます。

     

    OpusBoosterの7つの特徴

    1)集客を自動化することができます

    OpusBoosterは、インターネットを活用した集客やマーケティングの自動化を実現します。一度仕組みを構築すれば、あとは自動で「知ってもらう→価値提供する→販売する」という集客の一連の流れを完結できるので、毎日SNSの投稿に多くの時間を使うこともなくなります。面倒な集客の作業を自動化・効率化することで、レッスンの時間の確保や新しい知識の習得などの自己投資に、より多くの時間を使えるようになるでしょう。

     

    2)オンライン講座を簡単に作成できます

    OpusBoosterを使えば、オンライン講座の作成や販売も容易に行うことができます。対面のマンツーマンのレッスンしか行っていなかった方が、オンラインの動画講座を作成することで、体が不自由で外出が困難な方や、交通の便が悪い地域に住んでいる方にも音楽の素晴らしさを届けることができるようになります。動画講座は一度作成すれば、あとは自分の時間をほとんど使わずに、売上を大きく伸ばすことも可能です。

     

    3)月額制サービスを簡単に作成できます

    オンライン講座と同様に、月額課金のサービスも作成することができます。OpusBoosterを使えば、ファンクラブやオンラインサロンのようなサービスを作成するだけではなく、自動引き落としを行うことができるようになります。月額制サービスを運営すれば、毎月自動で一定額の収入が入ってきますが、さらに引き落としまでを自動化すれば、入金確認や催促のストレスから解放されるでしょう。

     

    4)カード決済での引き落としができます

    このカード決済システムは、一回限りの支払いだけでなく、月額課金にも対応していますので、今まで現金で受け取っていた月謝を、自動引き落としに変更することも可能です。カード決済が可能になれば、月謝の受け取り漏れがなくなる他、催促のストレスからも解放されます。入金が自動化されることで、事務作業の時間を削減することで心にも余裕が生まれ、より生徒のレッスンや自己投資に集中できる環境が手に入るでしょう。

     

    5)ウェブセミナーを簡単に開催できます(※スタンダード版のみ)

    オーパスブースターを使えば、ウェブセミナーを自在に開催できるようになります。また、ウェブセミナーは生配信だけではなく録画のセミナーの配信もできるので、セミナー開催の流れを完全に自動化すれば、完全自動で売上が発生する仕組みが完成します。

     

    6)ウェブセミナーの案内を自動化できます(※スタンダード版のみ)

    ウェブセミナー開催前の案内(リマインド)や、セミナー再放送のお知らせなど、必要な案内を案内を仕組み化して自動化できます。自動化をすることで、セミナーの度に個別にメッセージを送るような手間をかけなくてよくなります。また、案内を送るのを忘れるといった人為的なミスを無くすことができます。

     

    7)メール、ステップメールを送ることができます

    通常のメルマガの配信だけではなく、指定した日に、指定した順番でメールを送るステップメールを送ることもできます。ステップメールを送ることで、メルマガ登録などで興味を持ってくれた方に、価値提供や教育を自動で行うことができるようになります。ステップメールを駆使してお客様からの信頼を得ることができれば、商品やサービスの購入率を高めることが可能です。

     

    今後の展望

    OpusBoosterで構築できる音楽ビジネスの仕組みについて解説する無料ウェブセミナーを開催いたします。

    ■開催日

    2022年3月2日(水)から5日間(予定)

    ■開催時刻

    第一部:14時~16時
    第二部:20時~22時

    ※どちらも同じ内容です。

    ■無料登録ページ
    https://bit.ly/3M7ajP7

     

    Office Lacroix合同会社について

    本社  : 〒186-0011 東京都国立市谷保7-31-2
    代表者 : 社長兼CEO 天野 翔
    設立  : 2012年8月6日
    URL   : http://officelacroix.com
    事業内容: 1. 音楽・映像コンテンツの企画、制作、権利取得並びに利用
    2. 音楽・映像パッケージの企画、製造、販売並びに小売業務
    3. インターネット上のデジタルコンテンツ
    (ウェブサイト、ホームページ、広告等)の企画、開発及び販売
    4. ライヴ・イベント・セミナーの企画、制作、運営
    5. 無体財産権(著作権、著作隣接権、特許権、実用新案権、
    意匠権、商標権等)の取得、使用許諾、売買、
    管理及び利用の開発
    6. アーティスト・タレントのマネジメント業務及び発掘、開発、
    育成事業
    7. 音楽スタジオの運営及び音楽教育事業
    8. ファンクラブの運営及びアーティストグッズの企画、
    制作、販売
    9. グラフィックデザインの企画、制作及び写植版下業務
    10. 前各号に附帯または関連する一切の事業

     

  • 音楽活動の新しい形を提案するOffice Lacroix(オフィスラクロワ)合同会社(所在地:東京都 国立市、社長兼CEO:天野 翔)のロックオペラバンドLacroix Despheres(ラクロワ・デス フェール)は、コロナ禍における新たな表現手法の一つとして、初となるNFTアート作品「L acroix Pixel Art NFT」を、Spotifyプロフィールページと独自ECサイト「Lacroix Desph eres Online Store」にて、2022年2月17日(木)23時に発売いたします。

    <Lacroix Despheres Spotifyプロフィールページ>

    <Lacroix Despheres Online Store>

    背景

    ロックオペラバンドLacroix Despheres(ラクロワ・デスフェール)について

    Lacroix Despheresは、CDアルバム作品が発売1週間後に違法アップロードされた経験から、CD販売に頼らない新しい音楽活動の在り方を模索・実践して参りました。

    男女ツインヴォーカル、フルート、オーボエなどのメンバーが楽器を演奏しながら登場人物を演じて物語が進行するオリジナルの舞台作品を創作し、舞台と映像の融合や、ダンサー、舞台俳優を客演として迎えるなど、バンドの枠を超えた演出を行うことでライブの価値を高め、チケットとグッズの販売、月額制ファンクラブを中心としたビジネスモデルで活動してきました。

    しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりライブの実施が制限されてしまい売上は激減。そこでLacroix Despheresは、新たな表現手法としてNFTに着目しました。

    NFTとは

    NFTとは「Non-Fungible Token」の略で、非代替性トークンのことです。これまでは、デジタルデータは簡単に複製することができ、複製元と複製物を見分けることは出来ませんでした。しかし、NFTはブロックチェーン上に存在し、固有の識別子を持っているため、それが唯一無二であることや、所有権を証明することが可能です。つまり、デジタルデータでありながら、1点ものの絵画やシリアルナンバーが刻印されたCDのように、唯一性や希少性を担保できます。

    NFTの問題点

    しかしながら、NFTを購入するためには、法定通貨を仮想通貨に両替し、ウォレットを用意し、NFTプラットフォームのアカウントを開設する必要があることや、仮想通貨や詐欺への不安感など、音楽ファンにとってはその敷居の高さがNFT購入の障壁となっています。

    また、NFTプラットフォームでの取引においては、昨今のNFTブームから投機目的での購入も増えており、アーティストや作品への想いではなく、売買益のみを狙って購入されることにより、本来のファンがNFT作品を購入できないケースも懸念されます。

    Spotifyプロフィールと独自ECサイトから法定通貨で販売

    そこで今回、私たちはSingle, Inc.(所在地:アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル、創設者兼最高経営責任者:Tommy Stalknecht)のNFT販売機能を使用することで、NFTマーケットプレイスへの出品ではなく、SpotifyのLacroix Despheresプロフィールページと独自ECサイトから、法定通貨(米国ドル)でNFTアートを販売することといたしました。

    これにより、Lacroix Despheresの作品やアーティストへの想い入れがあるファンが、仮想通貨を用意する手間なく、スムーズにNFTをご購入いただけます。また、Spotifyで私たちに出会い、楽曲を再生して新たにファンとなった方が、Spotifyプロフィールページで直接NFTを購入することや、グッズやCDと同時にNFTを購入することも可能です。

    商品の概要

    本NFTアートのデザインについて

    Lacroix Despheresのソプラノヴォーカル紗夜「Saya」によってデザイン&ドット打ちさ れた、6人のバンドメンバーとマスコットキャラクター「せしぼん」がピクセルアート(ドッ ト絵)で表現されたNFTアート作品です。商品は50本限定、価格は25ドルです。購入数の上 限はありません。また、再販の予定はございません。

    ご購入後の流れについて

    1. メールにて「(購入番号)- Claim your NFT!」という件名のメールが届きます。
    2. メール本文中の「Claim your NFT」ボタンをクリックすると、NFT請求ページに移動します。
    3. 既存のSolanaウォレットを接続するか、まだお持ちでない場合は作成するように求められます。お持ちでない場合は「いいえ」をクリックすると、次のページにファントムウォレットをダウンロードするための画面が表示されます。どのSolanaウォレットでも使用できますが、ファントムウォレットはシンプルで無料でご利用いただけます。
    4. 既にウォレットをお持ちで「はい」をクリックした場合、またはウォレットを作成すると、接続するタイプを選択できるセクションが表示されます。クレデンシャルを確認したあと、お持ちのウォレットアドレスを選択すると、ウォレットアドレスが自動的にインポートされます。
    5. ウォレットアドレスが正しいことを確認してから、「転送の開始」をクリックします。※NFTの転送が開始されると、元に戻すことはできないため、ウォレットアドレスが正しいことを確認してください。
    6. その後、転送の成功を示すページに移動します。このページには、NFTのJPGをダウンロードするためのリンクと、必要に応じてソーシャルメディアに投稿するための画像をシェアするリンクもあります。
    7. NFTを販売または取引したい場合は、最大のSolanaNFT二次販売マーケットの1つであるMagicEdenサイトへのリンクが表示されます。

    環境への配慮について

    NFT/Web3に参入する前に私たちが最も懸念していたのは環境への影響でした。ブロックチェーンの中には、エネルギーを大量に消費するものがあることは広く知られており、私たちはそのような懸念を払拭するソリューションを必要としていました。

    今回のNFTで採用しておりますSolanaは、取引にかかるエネルギーがGoogle検索2回分よりも少なく、携帯電話の充電の24分の1であることがSolana Foundationにより報告されており、電力を大きく消費することがなく、環境に配慮した設計になっています。

    <Solana Foundationが作成したエネルギー使用レポート>

    今後の展望

    Office Lacroix合同会社のミッションは、音楽の持つ力を私たちの世界観で最大限に表現し、様々な違いを超えて人々を繋いだり、人生をより楽しみ、生まれてこれて良かったと思う人を増やすことです。今回のNFTアート発売を皮切りに、今後は音楽データや著作隣接権の一部、月額制ファンクラブ会員権などのNFT化を検討し、音楽活動の新たな形を提案して参ります。

    Lacroix Despheres(ラクロワ・デスフェール)プロフィール

    男女ツインヴォーカル、フルート、オーボエなどのメンバーが登場人物を演じながら演奏し、物語が進行する舞台作品を創作。舞台と映像の融合や、ダンサー、舞台俳優を客演として迎えた演出などバンドの枠を超えたライブ表現を行うことで、ヴィジュアル系バンドの更な る可能性を追求している。音楽性は、男女ツインヴォーカルを擁するバンドサウンドと、フルート、オーボエの専任メンバーを含むフルオーケストラ+混声合唱という大編成のシンフォニックサウンドが特徴。ロンドン2Days公演(約1,500人動員)、ブルガリア国立放送交響楽団とのレコーディングや 、日中合同制作ゲームのサウンドトラック録音に参加するなど世界的な活動をする他、全国植樹祭でのオーケストラ共演(御前演奏)などの実績も上げている。2021年10月には、ドル ビーアトモスによる空間オーディオに対応したロックオペラ楽曲「Resurrection Symphony」をリリースした。

    公式サイト: http://www.lacroix-d.com

    Office Lacroix合同会社について

    本社 : 〒186-0011 東京都国立市谷保7-31-2
    代表者 : 社長兼CEO 天野 翔
    設立 : 2012年8月6日
    URL : http://officelacroix.com
    事業内容: 1. 音楽・映像コンテンツの企画、制作、権利取得並びに利用
    2. 音楽・映像パッケージの企画、製造、販売並びに小売業務
    3. インターネット上のデジタルコンテンツ (ウェブサイト、ホームページ、広告等)の企画、開発及び販売
    4. ライヴ・イベント・セミナーの企画、制作、運営
    5. 無体財産権(著作権、著作隣接権、特許権、実用新案権、 意匠権、商標権等)の取得、 使用許諾、売買、管理及び利用の開発
    6. アーティスト・タレントのマネジメント業務及び発掘、 開発、育成事業
    7. 音楽スタジオの運営及び音楽教育事業
    8. ファンクラブの運営及びアーティストグッズの企画、 制作、販売
    9. グラフィックデザインの企画、制作及び写植版下業務
    10. 前各号に附帯または関連する一切の事業

  • ブルガリア国立放送交響楽団の録音映像がもらえる事前登録キャンペーン開始

    音楽制作事業を手掛けるOffice Lacroix(オフィスラクロワ)合同会社(所在地:東京都国立市、社長兼CEO:天野 翔)のロックオペラバンドLacroix Despheres(ラクロワ・デスフェール)は、おうち時間で劇場にいるような体験ができる「音のVR」(空間オーディオ)に対応したロックオペラ楽曲「Resurrection Symphony(レザレクション・シンフォニー)」を、Apple Musicなど各種音楽配信サービスから2021年10月10日(日)に配信開始いたします。

    「Resurrection Symphony」詳細: https://lp.lacroix-d.com/rs/

     

    【背景】

    新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、2020年のライブ・エンタテインメント市場規模は前年比82.4%減の1,106億円となりました(ぴあ総研調べ)。いまだコロナ禍の収束が見えないなか、コンサートやライブなどに出かけにくい状態が続いており、ストレスを感じている方が増えています。

    シカゴ在住の臨床心理士/心理学者であり、認定音楽療法士でもあるべサニー・クックPsy.D.(心理学博士)氏は、「音楽は心の休憩の強力な味方になります。精神を集中し、音楽を聴いているとき(好みに関係なく)、精神のほぼすべての領域への血流が増加していることが脳の画像検査で示されます。」と話しています。( https://news.yahoo.co.jp/articles/a75a70795e6a10f68bcb6f4e0c65a65e9b8ebb4a?page=2 )

    そこで当社では、自宅にいながらコンサート会場にいるような音楽体験ができる方法を模索し、今回リリースするLacroix Despheresの新曲「Resurrection Symphony(レザレクション・シンフォニー)」を、ドルビーアトモスによる空間オーディオで2021年10月10日(日)に配信することといたしました。

     

    【商品・サービスの概要】

    音楽制作事業を手掛けるOffice Lacroix合同会社(所在地:東京都国立市、社長兼CEO:天野 翔)のロックオペラバンドLacroix Despheres(ラクロワ・デスフェール)は、おうち時間で劇場にいるような体験ができる「音のVR」(空間オーディオ)に対応したロックオペラ楽曲「Resurrection Symphony(レザレクション・シンフォニー)」を、Apple Musicなど各種音楽配信サービスから2021年10月10日(日)に配信開始いたします。また、本日より、ブルガリア国立放送交響楽団による録音映像がもらえる事前登録キャンペーンも開始いたします。

    <3つの特長>

    1:ドルビーアトモスによる空間オーディオ配信のため、サラウンドによる前後左右だけでなく天井など高さ方向からも音が降り注ぎ、自宅にいながらコンサート会場にいるような音楽体験が可能となります。ロックオペラ作品を空間オーディオでリリースすることにより、目を閉じればそこには物語の世界が広がります。歌や台詞が縦横無尽に駆け回り、生き生きとした登場人物の姿が目に浮かぶでしょう。

     

    2:オーケストラパートは、伝統のあるブルガリア国立放送交響楽団とのリモート録音と、最前線で活躍している日本の演奏家たちのコラボレーションによって録音されました。ドルビーアトモスにより、目の前にオーケストラがいるような生き生きとした演奏もお楽しみいただけます。

    ■楽曲クレジット

    Resurrection Symphony / Lacroix Despheres

    Music&Lyrics: 翔 [Sho]
    Orchestration: 翔 [Sho]

    Vocal       : 翔 [Sho]
    Soprano      : 紗夜 [Saya]
    Piccolo,Flute 1&2 : 水貴 [Mizuki]
    Oboe,Cor anglais  : 智美 [Satomi]
    Guitar       : ペジョ [Pegeot]
    Guitar       : 天佑 [Ten-yu]
    Bass        : Naoki
    Drums       : YUKI (from Versailles)
    Clarinet      : Nobuaki Motohama, Tomoaki Kato
    Bass Clarinet   : Tomoaki Kato
    Horn 1~4     : Takashi Naito
    Strings      : The Bulgarian National Radio Symphony Orchestra

    Recording Studio            :Office Lacroix Studio,
    Bulgarian National Radio Studio 1,BAZOOKA STUDIO
    Mixing&Mastering Studio        :Sona Corporation Studio
    Recording Engineer           :Marco Streccioni,Yuji Yoshida,Sho Amano
    Mixing Engineer(Dolby Atmos&Stereo)  :Teruo “Mu-” Murakami
    Mastering Engineer(Dolby Atmos&Stereo):Tomomi Aibara

     

    3:本日10月5日(火)より事前登録キャンペーンも開始いたします。事前登録ページからお好きな音楽配信サービスを選択し、事前登録完了画面のスクリーンショットをLacroix Despheres公式LINEアカウントに送信していただくことで、ブルガリア国立放送交響楽団による録音風景の映像をプレゼントいたします。

    事前登録ページ
    https://bit.ly/3mbSBO7

    Lacroix Despheres公式LINEアカウント
    https://kli.jp/f/4hir/

     

    【今後の展望】

    Office Lacroix合同会社のミッションは、音楽の持つ力を私たちの世界観で最大限に表現し、様々な違いを超えて人々を繋いだり、人生をより楽しみ、生まれてきて良かったと思う人を増やすことです。今回の制作を経て、ドルビーアトモスによる空間オーディオは、音楽の持つ力をより効果的に表現できる手法であると確信しました。今後リリースを予定しているLacroix Despheresのアルバム「Dernier Paradis Act 3」では、全楽曲をドルビーアトモスによる空間オーディオに対応することを目指します。

    また、配信リリース日となる10月10日(日)20時から、新曲リリースを記念したトークライブをYouTube Liveにて生配信いたします。

    ■番組タイトル
    「毎度の晩餐」Vol.137/新曲リリース&ラクロワ記念日スペシャル!

    ■配信日時
    2021年10月10日(日)20時~

    ■YouTubeチャンネル
    https://www.youtube.com/c/OfficeLacroix

    ■内容
    ・新曲「Resurrection Symphony」オンエア
    ・新曲リリースに至った経緯
    ・ドルビーアトモスによる空間オーディオでの配信について
    ・レコーディング秘話(ブルガリアとのリモート録音で起きたマル秘トラブルなど)

     

    【Lacroix Despheres(ラクロワ・デスフェール)について】

    男女ツインボーカル、フルート、オーボエなどのメンバーが登場人物を演じながら演奏し、物語が進行する舞台作品を創作。舞台と映像の融合や、ダンサー、舞台俳優を客演として迎えた演出などバンドの枠を超えたライブ表現を行うことで、ヴィジュアル系バンドの更なる可能性を追求している。音楽性は、男女ツインボーカルを擁するバンドサウンドと、フルート、オーボエの専任メンバーを含むフルオーケストラ+混声合唱という大編成のシンフォニックサウンドが特徴。ロンドン2Days公演(約1,500人動員)、ブルガリア国立放送交響楽団とのアルバムレコーディングや、日中合同制作ゲームのサウンドトラック録音に参加するなど世界的な活動をする他、全国植樹祭でのオーケストラ共演(御前演奏)などの実績も上げている。

    公式サイト: http://www.lacroix-d.com

     

    【Office Lacroix合同会社について】
    本社 : 〒186-0011 東京都国立市谷保7-31-2
    代表者: 社長兼CEO 天野 翔
    設立 : 2012年8月6日
    資本金: 400万円
    URL  : http://officelacroix.com

    事業内容:
    1. 音楽・映像コンテンツの企画、制作、権利取得並びに利用
    2. 音楽・映像パッケージの企画、製造、販売並びに小売業務
    3. インターネット上のデジタルコンテンツ(ウェブサイト、ホームページ、広告等)の企画、開発及び販売
    4. ライヴ・イベント・セミナーの企画、制作、運営
    5. 無体財産権(著作権、著作隣接権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等)の取得、
    使用許諾、売買、管理及び利用の開発
    6. アーティスト・タレントのマネジメント業務及び発掘、開発、育成事業
    7. 音楽スタジオの運営及び音楽教育事業
    8. ファンクラブの運営及びアーティストグッズの企画、制作、販売
    9. グラフィックデザインの企画、制作及び写植版下業務
    10. 前各号に附帯または関連する一切の事業

     

  • Office Lacroix合同会社(本社:東京都国立市 社長兼CEO:天野 翔)は、Office Lacroix Studioを遠隔地(自宅やプライベートスタジオ)と接続し、リアルタイムでディレクションができるリモート録音サービスを、2020年11月30日(月)より開始いたします。

    ・コロナ禍において、大人数で集まることがリスク
    ・スタジオ来訪のスケジュールが組めない
    ・移動経費や時間を節約したい
    ・ミックスの仕上がりを自宅などでチェックしたい

    など、様々なご要望にお応えできるリモート録音サービスです。

    Office Lacroix Studio内の音声と映像をリアルタイムでご確認いただけます。
    ネット環境があれば、弊社スタジオに居なくてもリモートでのディレクションが可能となります。

    様々なご事情でスタジオにお越しくいただくことが難しい方は、是非このサービスをご活用ください。

    ■リモートレコーディング必要環境
    Mac、Windows、iOSデバイス
    ・録音日時になりましたら、ウェブブラウザまたは下記Source-Live Playerを使い、弊社からお送りするID、Passでログインしていただきます。

    ・Source-Live Player(Mac、iOS)
    https://www.source-elements.com/products/source-live/player/

    ネット環境
    目安として、転送速度下り30Mbps以上あると安定した通信が可能です。
    ▼インターネット回線速度チェック
    https://fast.com/ja/

    カメラ(映像)について
    Source-Liveの画面上で、表情を確認しながらのコミュニケーションが可能です。
    Webカメラの搭載されたデバイスをご使用ください。

    詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。

  • Office Lacroix合同会社は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、都の要請ならびに協力依頼に応じ、弊社音楽スタジオの営業を、令和2年4月16日から5月6日までの期間において休業いたします。

    なお、営業再開につきましては、状況に応じて判断いたしますので、ご了承くださいませ。

  • 番組タイトル:アニメ「オーバーロード」

    放送局:AT-X、TOKYO MX、テレビ愛知、サンテレビ、KBS京都、BS11

    放送日:2015年7月7日〜

    内容:クワイアレコーディング参加、ミュージシャン斡旋

    TVアニメ「オーバーロード」オフィシャルサイト

  • V系ロックオペラバンドLacroix Despheresが、イギリスのラジオで紹介されます!
    日本からもウェブ上で聴く事が出来ますので、スケジュールをご確認下さい!

    6/13(sat)(放送終了)
    Sword UK Radio
    http://www.swordradio.co.uk
    14:00~17:00(UK time zone)
    22:00~25:00(Japan time zone)

    6/15(mon)
    WRFN 1025
    http://www.wrfn1025.org
    19:00~22:00(UK)
    3:00~6:00(JP,6/16)

    6/17(wed)
    GloTime Radio
    http://myradiostream.com/mobile/glotimeradio
    18:00~21:00(UK)
    2:00~5:00(JP,6/18)

    6/19(fri)
    ROCK RADIO UK
    http://rock-radio.co.uk
    4:00~7:00(UK)
    12:00~15:00(JP)

    6/20(sat)
    Run FM
    http://www.runfm.net
    7:00~10:00(UK)
    15:00~18:00(JP)

    QMR Two
    http://www.qmr.fm
    23:00~26:00(UK)
    7:00~9:00(JP,6/21)

    6/21(sun)
    Run FM
    http://www.runfm.net
    7:00~10:00(UK)
    15:00~18:00(JP)

  • V系ロックオペラバンドLacroix Despheres、
    予約数に応じて楽曲がグレードアップするCD予約受付を期間限定で開始!

    ~全額前金予約特典としてオーケストラバージョンを含むスペシャルCD-Rが付属!~ 

     

    フルート、オーボエのメンバーを擁し、シアトリカルなライブとシンフォニックサウンドが特徴的なヴィジュアル系ロックオペラバンドLacroix Despheres(ラクロワ・デスフェール)は、これまで展開してきたロックオペラ作品の最終幕となるニューアルバム「Dernier Paradis act3(デルニエ・パラディ アクトスリー)」の予約受付を、OfficeLacroix Online Storeにて、2015年2月6日(金)より開始いたしました。

    このアルバムは、ファイナルファンタジーシリーズなど様々なゲーム音楽のレコーディングを担当しているVideo Game Orchestra(拠点:アメリカ合衆国ボストン、主宰:仲間将太、以下VGO)とのコラボレーションを目指し、2015年1月15日に目標金額を達成して終了したクラウドファンディングによって製作中の作品です。
    当プロジェクトは、ヴィジュアル系バンド史上初のクラウドファンディングによる音源制作となることや、VGOとの協同によりクラウドファンディングと音楽制作の親和性をアピールし、クラシック楽器演奏家に更なる活躍の場を創出することを目的のひとつとしていることなどから、クラウドファンディング期間終了後にも、ご支援のお問い合わせを多数いただいておりました。

    そこで今回、予約金を全て録音費用に充て、クラウドファンディングで集まった資金と合わせて可能な限りの編成でオーケストラ録音を行うことを前提とした、全額前金でのCD予約受付を2015年2月27日(金)までの期間限定で実施いたします。
    予約特典として、アルバム収録楽曲のオーケストラバージョンを含むスペシャルCD-Rが付属、期間限定特価でのご予約が可能です。
    今回の音源制作により、クラウドファンディングを取り入れた音楽活動の在り方や、日本独自の文化である ヴィジュアル系バンドの更なる可能性、そして、フルオーケストラならではの響きを全世界にアピールして参ります。

    OfficeLacroix Online Store内商品ページ: http://lacroix.theshop.jp/items/1113544


    【予約受付期間】
    2015年2月6日(金)~2015年2月27日(金)23時59分 ※期間終了後のご予約受付は未定です。

    【予約限定特価】
    通常価格3,240円(税込、送料別)→予約特価2,500円(税込、送料別)

    【全額前金予約特典】
    「Dernier Paradis act3」収録楽曲のオーケストラバージョンを含むスペシャルCD-R

    【収録内容】
    約40~45分間 ※インストバージョンは含まれません。

    【商品のお届け時期】
    2015年7月下旬 ※特典CD-Rを同封してお送りいたします。

     

    ■プロジェクトの背景
    これまでの音楽ビジネスは、音楽事務所やレコード会社が予算を組み、ミュージシャンが演奏したものを録音、CDや音楽配信という複製を販売する事で収益を上げる、という流れが主流でした。しかし、音楽の楽しみ方が変化しつつある現代において、CDの販売によって収益を上げることはとても難しくなっています。そのため、多くの現場では音源制作のための予算が削られており、特に生楽器を用いた作品など、予算のかかるレコーディングは減少しています。今回、クラウドファンディングという手法を取り入れることにより、音源制作を始める前に資金提供を支援者に直接訴える事が出来るため、用意できる予算よりも大規模な制作を行うことが可能となります。

    このプロジェクトを通して我々はクラウドファンディングと音源制作との親和性をアピール。大規模なレコーディングも可能であるという事例を作ることで、低予算のために生演奏等、予算のかかる録音を断念してしまう案件を減らすことが出来ます。クラシック演奏家の活躍の場が増えることで、これまで培われてきた技術が失われること無く後世に伝わり、また、規模の大きな制作現場が増えることで、音楽業界全体の活性化にも繋げていくことが可能となります。

    ※文中に記載の固有名詞は各社の登録商標または商標です。

    ■Lacroix Despheres(ラクロワ・デスフェール)プロフィール
    「日本独自の文化であるヴィジュアル系バンドは、総合芸術になり得る」をテーマとし、男女ツインボーカル、ギター、フルート、オーボエなどのメンバーが、登場人物を演じながら物語が進行する舞台作品を創作。映像と舞台の融合や、ダンサー、舞台俳優を客演として迎えた演出など、バンドの枠を超えたライブ表現を追求している。
    目黒鹿鳴館や高田馬場AREAなどヴィジュアル系ライブハウスへの出演を経て、東京キネマ倶楽部などの収容人数の多い会場でのライブや、主催、ワンマンイベントも開催。2008年には第59回全国植樹祭にて御前演奏を行い、2011年には音楽雑誌「Player」誌上コンテストMove On 10にて年間チャンピオンを獲得、ロングインタビュー記事が掲載、また、2012年には「フリクル×ROAD to MAJOR」コラボイベントで優勝し赤坂BLITZへ出演を果たす。これまで2枚のシングルと2枚のアルバムを自身のOffice Lacroixレーベルよりリリース。2014年3月にはダウンロードカードという新しい媒体で、新曲とライブ音源の即日販売をライブ会場で行った。
    さらに、国立音楽大学作曲専攻を卒業した主宰・ヴォーカルの翔は、2012年にOffice Lacroix合同会社を設立。音楽制作やアーティスト活動支援事業などを展開している。

    公式サイト: http://www.lacroix-d.com

     

    ■Video Game Orchestra(ビデオゲームオーケストラ)プロフィール

    2008年に沖縄出身でボストン在住の音楽プロデューサー、仲間将太によって立ち上げられた、主に日本のゲーム音楽をロックバンド・オーケストラ・合唱で演奏するプロジェクト。小沢征爾氏が指揮をしていた事でも有名なボストンシンフォニーホールでのソールドアウト公演、シアトル パラマウントシアター公演、7万人を動員するイベントPAXの大トリ、中国4公演ツアー、台湾ツアーなどの快挙を成し遂げ、世界から注目される新鋭オーケストラとして活躍中。
    キングダムハーツやファイナルファンタジー、ゴッドイーター2など日本を代表する大作ゲームのオフィシャルサウンドトラックにも参加し、レコーディングの世界でも現在最も注目されている新世代“ロッケストラ”(ロックバンド+オーケストラ)。

    公式サイト: http://vgo-online.com

     

    Press KitダウンロードURL
    https://www.dropbox.com/sh/3fo8b41mqivahq4/AABn20fzdUrBQATB4PZsdm5ua?dl=0

     

     

    【Office Lacroix合同会社 会社概要】
    商号 :Office Lacroix合同会社
    代表者 :社長兼CEO 天野 翔
    所在地 :〒186-0011 東京都国立市谷保16-2
    設立 :2012年8月
    資本金 :400万円
    TEL :070-6630-5278
    FAX :042-571-2734
    E-mail :office@officelacroix.com
    サイト :http://lacroix.sakura.ne.jp/officelacroix.com

    事業内容:
    ・音楽・映像コンテンツの企画、制作、権利取得並びに利用
    ・ライヴ・イベント・セミナーの企画、制作、運営
    ・アーティスト・タレントのマネジメント業務及び発掘、開発、育成事業

     

    【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】

    Office Lacroix合同会社
    制作事業部
    Tel: 070-6630-5278 (平日10:00〜19:00)
    FAX: 042-571-2734
    E-mail: office@officelacroix.com